リンガーハットの長崎ちゃんぽん カップ麺の感想

リンガーハットの長崎ちゃんぽんが、エースコックからカップ麺として販売されています。

「わざわざカップ麺で食べなくても…」と思われるかもしれませんが、「ブログネタに」と思って買ってみました。長崎と名の付くものはとりあえず食べてみます(^o^)v

リンガーハット 長崎ちゃんぽん カップ麺

リンガーハット 長崎ちゃんぽんのカップ麺は↓縦長のカップが採用されてます。リンガーハットカラーの黄色と、シャキシャキしたカップ麺らしからぬ具材の写真が目を惹くパッケージになっています。

リンガーハット 長崎ちゃんぽん カップ麺の中身

蓋を開けると、具材・粉末スープはオープンなタイプで、調味油だけ入ってました。

リンガーハット カップ麺 中身

キャベツ・えび・人参・かまぼこなどちゃんぽん定番の具材がたっぷり入ってます。

蓋には具材1.5倍増量とデカデカと書いてありましたが、何比較で1.5倍なんでしょうね?具材の野菜は全て国産です!というのはリンガーハットらしいですね。

リンガーハット カップ麺 蓋

リンガーハット 長崎ちゃんぽん カップ麺の感想

待ち時間は5分で、調味油を混ぜると↓こんな出来上がりです。

リンガーハット 長崎ちゃんぽん カップ麺 出来上がり

当たり前ですが、パッケージとの落差に愕然としながら一口食べると「お~、リンガーハットのちゃんぽんだ!」って感じの再現力でした。

塩気は薄めでクリーミーでマイルドなちゃんぽんらしいスープ、やや太めのちぢれ麺もなかなかです。

気になったのは具材です。パッケージの写真で期待持たせ過ぎなのと、仰々しく「具材1.5倍増量」と書いている割に、出来上がって混ぜてみると増量感を全く感じないし、歯ごたえもふにゃふにゃで、いわゆるちゃんぽんの野菜には程遠い食感でした。

食感の再現が難しいなら、もっともっと「これでもかっ!」ってくらいに増やすと納得できるかもしれませんね。スープ・麺はまずまずなんであと一歩って感じです。

コメントを残す