梁川飯店(長崎)でソボロちゃんぽん食べた感想

梁川飯店は浦上駅から歩いて10分弱、浦上川の西側の道を長崎西高校方面に曲がる交差点を折れてスグです。細~い3階建てのビルの1階で、私が行った時は自動ドアが壊れてて手動で開けました(^o^)v ドアが開かなかったら諦めず手で開けてみましょう。

梁川飯店 外観

店内はテーブル席が3つとカウンターが5、6席で、昼時でしたからテーブルは埋まっていてカウンターにもお客さんが1人いました。私は一人だったのでカウンターへ。

メニューを見ると、787円のメニューが多いのにビックリ!税込みですよ(^o^)v

梁川飯店 メニュー

「ん~、787と言う数字は消費税率で割っても端数が出るし、なぜだろう?」と思いつつ、787円のソボロちゃんぽんを注文しました。

梁川飯店 ソボロちゃんぽんの感想

着丼して驚いたのがレンゲの大きさです。「お玉か?」と思うような大きさでした。

梁川飯店 ソボロちゃんぽん

よく見ると具材もなかなかなBIGサイズ、、、キクラゲ・豚肉・ピンクのかまぼこ・タケノコ・人参が他店の2、3倍の大きさです。食べ応えがあってコレも良いと思いました。

牡蠣も入ってましたが、これは超ミニサイズでした(^m^ )

スープはクリーミーでマイルドな感じ。どちらかと言うと濃厚系で私の好みのスープでした。特徴的だったのが麺で、ツルッツルで口触りが良くてすごく美味しかったです。

このボリュームで787円はお得だと思いました。ご馳走様でした<m(_ _)m>

梁川飯店 中華料理 / 浦上駅浦上駅前駅茂里町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7

コメントを残す